忌まわしいPMSって生理痛に悩まされる年々だ

眠気が厳しい、頭痛がする…。カレンダーを確認して、溜息を一環。苦しい時世の出所だ。

あたしがPMSという月の物痛に悩まされるようになったのは、30代末になってからです。それまでは、PMSも月の物痛とも無縁の生涯で、月の物中にわずらわしさを感じるぐらいでした。
お産経験は、2回あります。

40歳の時に、夫人科で子宮頸がん検診を受けた際に医者に月の物痛のことを交渉しました。その時に点検一覧を記入した利益、PMSってメンス障壁症といった診療されました。

そうして、低容積ピルの服用による医療を求められ、ちょこっと悩んだ利益医療を始めることにしました。低容積ピルは、一年中忘れずに飲まないっていけません。持病の薬も一年中服用していたので、呑み忘れ去ることはありませんでした。

低容積ピルの呑み始めは、不明朗出血が起こる場合があると聞いていましたがあたしにもありました。心配ないと言われてましたが、度数や本数が多い時にはクリニックに電話をして交渉しました。

呑み続けていくうちに、月の物痛は弱くなったように思います。ただ、不明朗出血の他にも頭痛や吐き気などの反作用が辛かったので、医者に交渉を通じて薬の服用を諦めることにしました。

それからは、PMSが始まるとハーブティーを飲んだり、ストレッチングをしたりしてできるだけリラックスするようにしています。また、月の物痛がひどい時折鎮痛薬を飲んで横になるようにしています。

可時折、一年中何もしないお天道様を作って不快身なりをやり過ごすようにしています。もうすぐもう少しは月の物が貫くと思います。苦しいけど、初めて身なりを緩和して月の物といった賢く付き合っていこうと思います。美肌になるには、どうすればいいのかしら?方法は?